ベニオのブログ

メンタルコーチだったり、オタクだったり

劇マン!6巻を読みました。

最近デビルマン6巻を読みました。

劇マン6巻までで個人的に良かった所は作者自身がデビルマンの製作背景を通して作品の意図や解説をしている所ですね。

日本では自身の作品を細かく解説するって中々ないんですね。

細かく言うのが野暮と言われたり、作者自身恥ずかしいですから。

デビルマンは伝説の作品でその完成度はものすごいものですが、作品の出来に関係なく作者の意図が分かるとスッキリするのでこの手のイベントや作品は大好きなのでドンドン増えて欲しいです。