読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベニオのブログ

メンタルコーチだったり、オタクだったり

ミクダヨー展2が最高すぎた

ミクダヨーってご存知ですか?
 
元々は「初音ミクねんどろいど風の着ぐるみとして誕生したのですが

f:id:benio25250:20160520071428j:plain

あまりにも特徴的な造形にたちまち人気になり
 
セガがまさかのミクダヨー商標登録
初音ミクではなくミクダヨーがフィギュア化し販売
ファミ通の表紙になる
 
など大躍進を続け
 
「電子の妖怪」
 
「どの写真見てもコラ画像にしか見えない」
 
「自分の目で見てもコラ画像にしか見えない」
 
とファンからも恐れられる愛される強烈な存在感を持ったマスコットなのです。
 
正直、大元の初音ミクよりも好きです。

ツイッターでいつものようにミクダヨーウォッチャーの方のツイートを見ているとなんとミクダヨーを扱った展覧会をやっているというではありませんか!

 

伝説は再び、初音町で!ファンアート個展「ミクダヨー 2」ゴールデンウィークに横浜で開催!スペースも作品も大増量 | カルラボ

しかも今回2回目、全く知らなかった。。。
 
さらに今回はツイッターやSNS投稿OK!なんと太っ腹なのでしょうか。。。

f:id:benio25250:20160520080133j:plain

 

ということで行ってきました黄金町から徒歩3分、初音町にあるアートスタジオ「八番館」

f:id:benio25250:20160520074804j:plain

ミクダヨー展
 
 
 
 

f:id:benio25250:20160520074737j:plain

すでに入り口の絵自体が素晴らしいですね
まるで絵から飛び出して
「お前の家へ行くぞ」
と言わんばかりの躍動感があります。
 
 

中に入るともう360度ミクダヨー

f:id:benio25250:20160520071759j:plain

1階の黒の間もミクダヨー
 
 
 

f:id:benio25250:20160520071815j:plain

2階の赤の間もミクダヨー
 
 

f:id:benio25250:20160520071833j:plain

ミクダヨー、ミクダヨー、ミクダヨー
 
 

ミクダヨーに囲まれて辛い幸せ。
ミクダヨーを見にイベントに行ったり、ミクダヨーのフィギィアやグッズを買っている僕ですが、こんなに大量のミクダヨーに触れたのは初めてでクラクラします。

ミクダヨーの魅力を異形な造形の特徴として考えているのが、
・光によって妙なに表情に味わいが出る「陰影」
アクションが出来ない着ぐるみ造形なのにメッチャ動いてる様に見える「ブレ」
・何故か近すぎたり遠すぎたりする「カメラの位置」
・頭と腕が重くて猫背気味な姿が哀愁を漂わせる「立ち姿」
これらがミクダヨーがミクダヨーっぽさを構成しているのだと思います。


ここで展覧会で見た中で自分が特に好きだった作品を紹介したいです。
 
 


まずはこれ

f:id:benio25250:20160520071906j:plain

実物のミクダヨーはカメラを見つけると襲いかかってくるかわいく寄ってくるので単純に「近過ぎる」写真がよく撮れます。
そんなミクダヨーの特徴をうまく捉えていると思う作品です。
 
 

つぎはこれ

f:id:benio25250:20160520074602j:plain

ミクダヨーの特徴的な陰影と近過ぎるカメラ位置。
シンプルに「怖い」と思わせるミクダヨー素材の味を出しています。
 


次にこれ

f:id:benio25250:20160520074922j:plain

ミクダヨーの実物は意外に大きい着ぐるみなので激しいアクションは取れません。
しかし左右にブレる事によって実物も猛烈に動いてる様に動いて見える時が時折あります。
その魅力を十二分に捉えた作品だと思います。
 
 

次はこれ

f:id:benio25250:20160520074946j:plain

ミクダヨーといえばその出で立ちから怖さや威圧感が目立ちがちですが元が初音ミクだけあって実は結構かわいいのです。
その可愛さや爽やかさをシンプルに描いていて好きです。
 
 

次にこれ

f:id:benio25250:20160520072318j:plain

ミクダヨーの抽象画です。
「ミクダヨーの抽象画」という日本語自体に感動を覚えるのですが、これで初音ミクでなくミクダヨーだと分かるのが単純にすごい。

f:id:benio25250:20160520075016j:plain

ミクダヨーのブレがそのまま抽象画になっている絵もすごい。
 
 
 
 

f:id:benio25250:20160520075040j:plain

田園風景にいるミクダヨー。
ミクダヨーは頭と手が重いので油断するとダラッと猫背でメンチを切ってる様なポーズを取る時があります。
それが慣れ浸しい田園風景にいる事で「日常に潜む妖怪」感がとてもいいです。

f:id:benio25250:20160520075054j:plain

f:id:benio25250:20160520075109j:plain

時間を変えて夕方と夜の絵も。
ますます妖怪です。
 
 

次にこれ

f:id:benio25250:20160520075139j:plain

この作品群は配置位置が素晴らしく、階段を上がった2階直ぐに棒立ちのミクダヨーがお出迎え。
素晴らしいサムシングです。
思わず「ひっ」と言いそうになりました。

f:id:benio25250:20160520075205j:plain

個々単体でもいいです。
本当に生首が浮いてる様にしか見えません。
 
 
 

f:id:benio25250:20160520080336j:plain

アメコミ(ワンダーウーマン)風ミクダヨー、
きっと敵を殴るとDAYOOO!と鳴るのでしょう。
 
 
 

f:id:benio25250:20160520072546j:plain

f:id:benio25250:20160520072602j:plain

トリッアートミクダヨー
下から見るとミクダヨーなんと立ち上がります。



自分はアートの歴史に明るくないのですが、それでも色々な手法や文化からの影響の上にミクダヨーの表現しているのだと分かります。
なんなら一つ一つ作者の方や美術の歴史に詳しい方の解説付きで作品を見たいくらいです。

まだまだ紹介仕切れないくらいの素晴らしい作品とその数の充実ぶりで本当に作者のcha_bo氏には頭の下がる思いです。
展覧会自体はゴールデンウィークでおしまいでしたが、ゴールデンウィーク後も突発でやる予定もある様なのでミクダヨー好きの方は是非是非オススメです。
今後も続けて欲しいと切に願います。

ミクダヨー知らない方はこれを期に是非ミクダヨーの魅力の存在を知って、もし偶然イベントで見かけたらミクダヨーの本物に触れあってみてください。

f:id:benio25250:20160520075444j:plain

本物が1番かわいいです。

「HUNTER×HUNTER」を模写する勉強会を開催しました。

先日、週刊少年ジャンプの人気マンガ「HUNTER×HUNTER」を模写するマンガミニッツライナー勉強会を開催しました。

 

f:id:benio25250:20160519104240j:plain

 

 

元々映画やアニメなどを1分ごとに止めて観て、その間に何があったのかを書き出す勉強会をやっていたのですが、

回数をやるにつれて参加者の方からマンガでミニッツライナーは出来ないものかというご要望がありなんとか出来ないものかと考えた結果

そうだ模写だ。

と思い立ち時間を5分と決め、週刊漫画を模写するという勉強会をやるに至りました。

 

そもそも漫画を模写するというのはBSマンガ夜話などで有名な夏目房之助氏などもマンガを研究する際には必ず模写をするという事と、更に写経という物の目的は暗記という目的以外にも「我」を捨てるという目的もあるようでマンガ作者の冨樫義博氏の優れたマンガテクニックや演出意図を効率よく受け取れるのではないかという意図もありました。

 

f:id:benio25250:20160519104246j:plain

 

やってみた感想としては、

なかなかどうして充実感のある勉強会として成功した印象です。

5分間で模写、模写中のおしゃべり自由にしてみたのが成功に繋がったと個人的に感じています。

 

アニメのミニッツライナー勉強会と共にマンガのミニッツライナー勉強会も継続して続けていきたいですね。

 

画像は僕が描いたゴンさんと友人が書いてくれたバンパイアハンターD

f:id:benio25250:20160519104247j:plain

f:id:benio25250:20160519104259j:plain

 

マンガミニッツライナー会の様子

www.youtube.com

 

「おそ松さんの一松」と十四松がデキでいるのは公式設定?

今日、まんだらけに行ったら腐女子と思われる2人組がBLコーナーで熱くBLトークをしていました。

僕は基本的に腐女子の人の話を聴くのが好きで、共通の漫画、アニメ、小説などの話を聞くと

「ホントにおんなじもん観てるのだろうか?」

「実は別の作品の話しているのではないか?」と思うくらい見方が違うわけです。

そしてエキセントリックな見方の話を聴く度に

その手があったか!と感心するんです。

イヤミとか無しに。割とマジで。

 

だから熱くBLトーク繰り広げる腐女子に遭遇した時はしめしめと思って聞き耳を立てます。

 

始めから

エヴァのカヲル×シンジは最早古典」

という名言から始まって

「最近のは初めからウケを狙いすぎなのが多くてそういうのにはむしろ乗れない。でもBE×BOYみたいなゴリゴリなBL雑誌は読む。」

寄せてこられるのは乗れないけど、ゴリゴリなのは読みたいという知られざる腐女子の乙女心の話など珍妙な興味深い話が多くてホクホクしてたのですが、その内話題は

「最近おそ松さんがキテる」

という話題になり僕の中でもおそ松さんはかなりキテるので更に耳を大きくして話を聴いてみると

 

「なんかさ~もうここまで来ちゃうとどれが二次創作の設定でどれが公式の設定なのかわかんなくなんない?」

「わかる~もう数字松(十四松と一松の事)が尊すぎてあ~んしたり、十四松が一松に挿入しようとしたり、肉体関係あったり、このいちゃつきは公式と同人どっちだっけってなるよね~」

 

恐ろしい事にこの2人組が言ってたあ~んさせたり、十四松が一松のはじめてだったり、肉体関係があるのは全部公式の描写としてあるんですよ。

 

f:id:benio25250:20151130211948p:plain

あ~んしたり

 

f:id:benio25250:20151130212008p:plain

挿入しようとしたり

 

f:id:benio25250:20151130212026p:plain

肉体的な関係があったり

 

腐女子の眼力やっぱりすごい。

 

あれ?じゃあ公式な描写があるっていうことは十四松と一松はデキてるのは公式設定なの?

 

てことは数字松は尊いの??

 

???

 

おそ松さん7話「なごみのおそ松」はキャスティングが間違っている!!

 

僕は映画や漫画やアニメに対してここをこうすればいいのに~という見方や考え方は通称「後だしジャンケン」と呼んでいてあんまり好いてはいないのですが、いかんせんおそ松さん7話のAパート「なごみのおそ松」これは言いたい。

 

「なごみのおそ松」は登場キャラクターを別のキャラクターに置き換えて劇中でコントをさせる方式で言うてみればバカ殿様における劇中コントと同じ方式。

 

ちなみにここで登場人物がどういう割り当てになっているかを整理すると

 

f:id:benio25250:20151126115536p:plain

おそ松…なごみ探偵、どんな緊迫した状況でも「なごませる」というギャグで解決しようとする

 

 

f:id:benio25250:20151126115559p:plain

カラ松…事件の被害者、冒頭で死亡

 

f:id:benio25250:20151126115710p:plain

チョロ松…警部、なぜかなごみ探偵に絶大な信頼をおいている

 

f:id:benio25250:20151126115736j:plain

一松…ジェイソン的な風貌の犯人っぽいヤツ(ボサボサ頭とアホ毛2本から恐らく一松と判断)

 

f:id:benio25250:20151126115758p:plain

十四松…仕事に熱心な鑑識、なごみ探偵のおかげで和む

 

f:id:benio25250:20151126115828p:plain

トド松…結果がすべてと考える新米刑事、なごみ探偵のおかげで和みの大切さを知る

f:id:benio25250:20151126120039p:plain

聖澤庄之助…犯人

 

となっているんですが、まずおそ松に和ませるという特性があまりない。主人公は探偵だから長男で。というキャラクターの個性が重要視している「おそ松さん」において非常に安直なチョイスに思える。

 

更にいえば和ませるというのが特性の探偵が主人公であるならば実際に視聴者も和ませなきゃならないという非常に高いハードルを設定しているにも関わらず、比較的まともで兄弟のベースになってしまっているおそ松がなごみ探偵なのは正直キビしい。

天然で狂気的に明るい十四松ならば狂気的にボケ倒すという事が可能でしかもキャラにあっていて和ませるという事に説得力あるし、トド松なら打算と計算でなごませるあざとい探偵が出来るがおそ松はキビしい。

 

なごみ探偵に否定的な新米刑事がトド松なのもおかしい。本来このポジションはチョロ松の役割だし、実際チョロ松は真面目でピリピリした雰囲気からなごみを得てゆく事が成長にもなるのでしっくりくる。

ひねりを加えるならばひねくれた一松を新米刑事に据えて仕事に情熱を持てない新米刑事が和みを得て仕事っていいかも…となってゆくいい話にして後ろを見ると死屍累々。とした方がまだスマートだ。

 

なごみ探偵に信頼をおく警部もなごみ探偵を徹底的に肯定する役柄なのであれば、これこそが比較的論理的でなごみが好きそうなトド松の配役だろう。

それか「流石なごみ探偵だな!」「そうだ!」「いいぞ!」など紋切り型肯定のキレが良さそうなカラ松でもいいかもしれない。

 

被害者がカラ松でそれをはじめ殺したっぽいのが何かとカラ松につっかかる一松というのはキャラにあってるからいいとして全体的にミスキャストがであると思う。

 

こうして整理すると

f:id:benio25250:20151126120227p:plain

十四松…なごみ探偵、どんな緊迫した状況でも「なごませる」というギャグで解決しようとする

 

f:id:benio25250:20151126120243p:plain

カラ松…事件の被害者、冒頭で死亡

 

f:id:benio25250:20151126120259p:plain

トド松…警部、なぜかなごみ探偵に絶大な信頼をおいている

 

f:id:benio25250:20151126120339p:plain

一松…ジェイソン的な風貌の犯人っぽいヤツ(ボサボサ頭とアホ毛2本から恐らく一松と判断)

 

f:id:benio25250:20151126120351p:plain

おそ松…仕事に熱心な鑑識、なごみ探偵のおかげで和む

 

f:id:benio25250:20151126120403p:plain

チョロ松…結果がすべてと考える新米刑事、なごみ探偵のおかげで和みの大切さを知る

 

f:id:benio25250:20151126120433p:plain

聖澤庄之助…犯人

がいいと思う。

これではおそ松のキャラが立たないという事になるがおそ松自体が兄弟のベースになっているのでキャラは立たなくても存在感はなくならないオールマイティなのだから何かに特化した役回りをさせると埋もれる。

 

しかも今回の様になごみがこの世の中で肯定されるべき世界という、よくよく考えると前提が狂ってる系の話をギャグとして使う場合、考えさせたら負けなので考える間を与えないという意味で非常にテンポが重要になってくるが、全体的にテンポが悪い。

なごみ自体に意味はないのだからそこを視聴者に肯定させようとすると混乱が起きる。

 

犯人が誰なのかよ顔のアップを連続して見せてテンポが悪いよ!というのもギャグにしているが、それ自体も遅い。あの時点で顔アップのテンポが悪いギャグにツッコミを入れるのはは2回目だ。せめて1回目にテンポが悪いツッコミをやっちゃって2回目にもういいよ!と食い気味切ってツッコミで切るほうがまだいい。

 

しかも悲鳴を聞いて探偵がトイレに向かって走るテンポ悪いギャグなど、何回も繰り返してやってしまっているおかげで本当にテンポが悪くなっている。

 

前提狂ってるギャグであったら4話の「自立しよう」のドラフト会議の様に走りきって最後に一言「自立しよう…」とセリフが入るきれいなオチなのに対して親に仕送りうんぬんも、なごみを肯定してんだかしてないんだかよくわからない。

 

全体的にキャラが立てが上手くてギャグがキレッキレな「おそ松さん」らしくない回であったなぁ。

こんな風に今週も楽しく視聴しました。

来週も楽しみにしてます。

 

ゲイアートの巨匠、田亀源五郎氏の一般漫画「弟の夫」

僕の注目している作家の中にゲイ雑誌などで活躍している田亀源五郎という漫画家さんがいます。

ツイッターもフォローしているのですが、漫画家としての男性の肉体、特に筋肉へのこだわりや絵の緻密さもすごいのですが、国内外の活躍も盛んで色んな文化に造形深くて作家としてのポテンシャルがめっちゃくちゃ高いので活動が面白いんですよ。

(ちなみに僕はゲイではありません)

田亀源五郎 - Wikipedia

 

そんなゲイアートの巨匠、田亀源五郎氏の初の一般漫画誌への連載漫画が単行本化して先日ようやく購入しました。

f:id:benio25250:20151125005629j:plain

 

お話は

ゲイに対して偏見を持つバツイチ子持ちの男の元に、先月亡くなってしまったゲイの双子の弟のカナダ人の夫が月命日にやってきた。

つまりカナダ人のガチムチなゲイがどうもあなたの義弟です。

と言って訪ねてくる。という所から始まります。

f:id:benio25250:20151125005923j:plain

 

話の推進力はこの突然現れたカナダ人のゲイと同性愛に偏見を持つ主人公。

これからこの2人の関係どうなっちゃうの!?という所を見どころに進んでゆくのですが、内容はカナダ人のマイクと交流してゆくうちに主人公のゲイへの偏見がはがれてゆく様子が非常にゆっくりと描かれます。

f:id:benio25250:20151125010104j:plain

ゲイに偏見を持つ男が

 

f:id:benio25250:20151125010124j:plain

少しずつ偏見が取れていっていい感じ

 

展開ですが日常系的な話運びで非常にゆっくり。

しかし単行本のラストには、亡くなった様な演出をされていた主人公の元嫁が現れてグッと話に燃料が投下されます。

単行本単位で話を進めるのは流石の構成力です。

f:id:benio25250:20151125010440j:plain

f:id:benio25250:20151125010227j:plain

え~元嫁生きてたのかよ!!

 

 

f:id:benio25250:20151125010303j:plain

もちろん田亀氏ならではのサービスシーンもあります。

 

 

登場人物はマッチョなんだけど乙女チックなまでに繊細な男2人がメインですが、そこは一般雑誌向け、一種の清涼剤として出てくるの主人公の娘「かなちゃん」

いい味を出しています。

気が強い性格で、ゲイに対する偏見も知識もないのでズバズバと繊細な問題に切り込んできます。

f:id:benio25250:20151125010952j:plain

かなちゃんかわいい~

かわ、あれ?なんか顔が少年っぽい…

 

f:id:benio25250:20151125011320j:plain

5話のかなちゃん

 

f:id:benio25250:20151125011308j:plain

7話のかなちゃん

 

だんだんかわいくなってきてる!!

こういう見どころもあります。

(インタビューでは田亀氏は少女は初めて描いたと言っていたのでそういう漫画家として尖った部分も好きです。)

 

ebook.itmedia.co.jp

 

僕は作家として尖がるくらい好きなものに素直な人がすっごく好きな人が好きなんだなぁと改めて実感。

 

この魅力を知ってもらいたくて他人に話すんですけど大抵

「なるほど、君はゲイなんだね。」

という結論になります。

違います。

 

 

作品とは関係ないんですけど「弟の夫」の帯にオススメの漫画紹介みたいなのが載っていました。

いいですね。こういうの。

最近はAmazonでもオススメしてくれて、自分に合わせたものを結構いい打率で紹介してくれるんですよね。

この漫画を読んでいる人は、こんな漫画も読んでいます!

f:id:benio25250:20151125011740j:plain

絶望の犯島 100人のブリーフ男VS1人の改造ギャル

 

ありがとう。う~んどうだろ?読まない…かな?

 

食の軍師の作者、泉昌之版「おそ松くん」発見

f:id:benio25250:20151123114516j:plain

 

友人宅でコレクションを見ていたらコミック・キューVOL2という雑誌に泉昌之版「おそ松くん」が載っているのを発見しました。

 

 

f:id:benio25250:20151123114658j:plain

COMIC CUE - Wikipedia

 

泉昌之と言えば泉晴紀氏と泉昌之氏の漫画家コンビで「夜行」などに出てくるトレンチコートの男や最近では「食の軍師」がテレビドラマになった事でも有名です。

 

f:id:benio25250:20151123114731j:plain

気になる内容はおそ松くんたち6つ子がぶらりと前々から気になっていたラーメン屋を訪れる。

作風のブレのなさに驚きます。

 

f:id:benio25250:20151123115812j:plain

おー感じ感じ!

グルメ漫画なのに味やウンチクではなく食べる雰囲気を重視するのも特徴ですね。

 

f:id:benio25250:20151123114757j:plain

6つ子の来店に驚愕する店主

 これこわい

 

f:id:benio25250:20151123115120j:plain

ラーメンを食べる6つ子

 

 

f:id:benio25250:20151123115144j:plain

おそ松くんを読んでいるのか食の軍師を読んでいるのかわかりません。

6つ子によってラーメンの評価が微妙に違うのが面白い。

(どれが誰だかわかりませんが) 

 

 

f:id:benio25250:20151123115205j:plain

そこへイヤミ率いるテレビ取材班がやってきてせっかくラーメンを食べている雰囲気をぶち壊す

 

f:id:benio25250:20151123115219j:plain

ラストはそんなイヤミをボコボコにしてオチ

 

f:id:benio25250:20151123115350j:plain

f:id:benio25250:20151123115406j:plain

食の雰囲気を壊す奴は許さない。

うん。この味、この雰囲気、どこかで見たいい感じ。

いいじゃん、こういうのが欲しかったんだよ。

 

コミックキューVOL2はカヴァーをテーマにしていて松本大洋の「ドラえもん」などが載っています。

個人的にはおおひなたごうの「魔太郎がくる」が好きでした。

雑誌自体知らなかったので良い発見をしました。

 

おそ松さんのスタバァの元ネタになったスタバに行ってきた

先日おそ松さん第7話「トド松と5人の悪魔」でネタにされたスタバァコォヒィーの元ネタスターバックス表参道B-SIDE店に行ってきました。

find-travel.jp

 

ここで紹介されている通りB-SIDE店はスタバの中でもかなりオシャレなスタバらしいですね。

 

 

f:id:benio25250:20151122211430j:plain

f:id:benio25250:20151122211505j:plain

キディランドからキャットストリートに入り、少し進んで左へ曲がる。

道もすでに清潔感があってすでにオシャレ。

 

表参道は東京でもきってもオシャレスポットだそうでとにかくオシャレ。

前にオタクの友達と表参道に来たときに「オシャレに殺される」と謎の名言を言うぐらいオシャレなんですが異様にカッッフェ、ブティッックが多い。

ちなみに

表参道 カフェ 数 で検索するとこの有様

f:id:benio25250:20151122211543p:plain

 

多すぎだろ!! 

田舎のパチンコ屋かよ!

 

f:id:benio25250:20151122211623j:plain

という事で到着。

 

 

f:id:benio25250:20151122211653p:plain

おお、見まごう事なきおそ松さんのスタバァ

 

f:id:benio25250:20151122212314p:plain

トド松の土下座スポットはここですね。

f:id:benio25250:20151122212343j:plain

f:id:benio25250:20151122212405p:plain

店内はこんな感じ

 

f:id:benio25250:20151122212655p:plain

内装はおそ松さんと大分違いますね。

 

早速注文

劇中のカラ松に合わせて「ふっ、ラテのトールサイズ、エスプレッソを…」

と頼みたかったのですが、

 

スターバックスラテをトールサイズで…エスプレッソで…」

 

「はいラテですね、ティーは何になさいますか?」

 

「はい?て、テーですか?なにがあるんでしょう?」

 

とかやってたら

 

f:id:benio25250:20151122212722j:plain

紅茶が来ました。

あれ?コォーヒィーじゃないの??

 

???

 

これがラーメン二郎だったら

「ホイップマシマシ、コーヒーカラメ、エクストラカタメ、ショットマシ、ミルク抜きね!!」

と言えるのに。ややこしいので統一して欲しいですね。ラーメン二郎に。

 

f:id:benio25250:20151122212941j:plain

注文し終えたところで目についたのが店員さんのチェキ。

f:id:benio25250:20151122212953p:plain

こ、これがスタバの店員さん…自信と言う光が身体中からあふれ出ている…!!

チェキはもう完全にオシャレな物となっているのでしょうか?分かりません。

 

f:id:benio25250:20151122213109p:plain

階段から見た内装

 

f:id:benio25250:20151122213127p:plain

二階の内装

 

やっぱり内装はおそ松さんとは大分違いますね。

 

f:id:benio25250:20151122213149p:plain

一松の脱糞ポイントも特定したかったのですが内装が違いすぎて特定出来ず、

トド松に案内されたトイレも見ましたがこれも全く違う感じ。

トイレ内も個室で便器と洗面台が一部屋に収められているタイプでした。

 

f:id:benio25250:20151122213253j:plain

店内には本棚と本が置いてあり、なんでもお客さんが雰囲気を良くするために持ち寄ったんだとか。

さっそく僕もオシャンティにテーする為に目についた本を選び、それを読みながら優雅にテーです。

 

f:id:benio25250:20151122213306j:plain

季節と発生場所でわかるきのこ

 

 

f:id:benio25250:20151122213352j:plain

行ってみたら原宿からも徒歩圏内で裏通りにあるので人も少なくいい雰囲気だったので行ってみておそ松さんファンも第7話を思いながらお茶するのもいいかもしれないですね。

 

 

f:id:benio25250:20151122213451j:plain

こうしてキノコを見ているとおそ松さん7話を思い出します…

 

 

f:id:benio25250:20151122213509p:plain

 

 

f:id:benio25250:20151122213537p:plain

 

f:id:benio25250:20151122213549p:plain